Old Boy のイラスト日記

イラストを中心とした創作日記

HHKB用パームレストを作ってみました。

 

f:id:swingboys:20190102175017j:plain

こちらはFILCO用自作パームレスト

Windows用のキーボードには上の写真のFILCOを使っています。このキーボードは、手前側が20㎜ほどの高さがあるため、ご覧のようなパームレストが必要になります。

これは、100均の9㎜厚の板材(幅は90㎜)をキーボードに合わせて長さ調整し、裏に10㎜厚のコルクボード(こちらは、ホームセンターで購入したもので、結構高かったと思います)を張り付けたものです。コルクは、滑り止めになります。

これがないと、手首を蛇の鎌首のように上にあげた状態でタイピングしなくてはならず、とてもじゃありませんが、長時間のタイピングはできません。

業務用なのだから、しっかりしたものを買ったらどうよ? とも思います。でも、木のパームレストって、とんでもなくお高いじゃないですか。ただの木の板に2000円も3000円も払う気になれず、結局自作したのです。

 

f:id:swingboys:20190102175627j:plain

ツートーンです。

コルクがないと使いにくい

当初、全部コルクでもいいと思っていました。ですが、実際コルクを上面にして使ってみると、肌触りがあまりよろしくありません。また、木の面が底面だと、非常に滑りやすい。

結局コルク面は常に下にして使っています。

Macで使っているHHKB用のパームレストは、もう少しお安く作りたいと考え、10㎜厚のコルク材は止め、2枚の板材で厚みを出し、滑り止めのコルク材は2㎜厚のものを使いました。

f:id:swingboys:20190102180019j:plain

素材の値段は、締めて300円+消費税

f:id:swingboys:20190102182342j:plain

HHKB Lite2 PD-KB200W/U

Mac用キーボードは、HHKBのLite2英語配列(PD-KB200W/U)という機種です。新品でも5、6000円程度のものです。メンブレン方式で、カタカタと軽快感のあるFILCOと比べると、ちょっとモタモタした感じのタッチ感です。本来はWindows用で、しかも英語配列なので、Macでそのまま使うと非常に使いにくい。そのため、Karabiner-elementsと呼ばれる、キー配列をカスタマイズできるアプリケーションを組合わせて使っています。このアプリケーションがなければ、日本語配列のキーボードを購入するしかありません。

逆に、英語配列だったせいで、中古品がとてもお安かったと記憶しています。確か、1500円程度だったと思います。英語配列をそのまま使う人は、プログラマー等、非常に限られた人たちだからでしょう。需要が少ないのです。

いずれにしても、このキーボードもまた、手前側が20㎜程の厚みを有しているため、パームレストを使わないと、タイピングが結構しんどいものになります。

f:id:swingboys:20190102181553j:plain

2枚で18㎜厚

f:id:swingboys:20190102181909j:plain

キーボードの幅30㎝に合わせて当て木を当てノコでカット。

f:id:swingboys:20190102182215j:plain

2枚同時にカットしました。

f:id:swingboys:20190102181507j:plain

ごく普通の木工用ボンドです。

f:id:swingboys:20190102181635j:plain

貼付面全面に適度に塗りつけます。

f:id:swingboys:20190102181746j:plain

二枚の板材を張り合わせて固定。

f:id:swingboys:20190102182800j:plain

450㎜の素材から、300㎜幅のパームレストと150㎜幅のミニパームレストができました。

f:id:swingboys:20190102182927j:plain

ざっくりとヤスリがけします

f:id:swingboys:20190102182959j:plain

角が丸いほうが、ちょっとよさげに見えます

f:id:swingboys:20190102183139j:plain

クロのステイン

今回は着色

前回作った物は、無着色で木肌をそのまま出していますが、今回は着色しました。クロのステインで、木材を染めて着色します。塗装だと木材の表面に被膜を作るため、木目が弱くなってしまいますが、ステインの場合は、木目が生きたまま、着色されることになります。それに、ステインだけなら、木肌の感触が残っているので、肌触りがいいのではないかと考えました。本来であれば、ステインの上からウレタン塗装などで被膜を付けなくてはならないのですが、今回はステインのみ、としました。ステインだけでも、思った程は色落ちしません。

f:id:swingboys:20190102183818j:plain

筆でざっくりと塗ります。2,3分ほどで塗り終えたでしょうか。

f:id:swingboys:20190102183935j:plain

二時間ほどで乾きます。

f:id:swingboys:20190102184038j:plain

コルクシートを現物合わせでカット。カッターよりも、ハサミの方が切りやすい。

f:id:swingboys:20190102184143j:plain

こんな感じで、キーボードとツートーンです。

f:id:swingboys:20190102184225j:plain

15㎝幅の方は、板タブを使う際の、左手のショートカット用。

15㎝幅は、実験です

以上のように30㎝幅は、普通のタイピング用に、15㎝幅は、板タブを使う際のキーボードのショートカット用(左手専用)です。

このミニサイズのパームレストが本当に便利かどうかは実際使ってみないとわかりません。ショートカットは確かに左手だけで行なうことが多いのですが、板タブから手を離し、両手でタイピングする場面も結構多いからです。

いずれにしても端材ですから、使えなければ捨てるだけです。

ほんの数時間もあれば、できる工作ですが、なかなか手がつかず、ようやっと作り終えました。やれやれ。