Old Boy の創作日記

音楽、イラスト、文章に関する創作日記と独り言。

サクラチェッカーが常にサクラを見抜けるとは限らない!?

f:id:swingboys:20200215115744j:plain

ipad用のキーボード・・・最終的にAnkerにした

 

過去何台ものパソコンを使ってきましたが、どうもノートパソコンとの相性がよくないらしく、すぐに壊れたり、OSのアップデートができなくなったりとトラブルに見舞われることが少なくありませんでした。

今のところ複数のタブレットをノートパソコン代わりに使っています。あくまでもデスクトップ機が使えない環境(リビングや寝床など)で補完的に使うのがその用途です。主に閲覧と、メールなどの短めの文章をソフトキーボードで入力していたのですが、さすがに長文はハードキーボードでないと務まりません。

そこで、今回は写真のAnkerのキーボードを購入してみました。Amazonさんで2000円という安価なキーボード。安いがゆえの不安もありましたが、この金額にして1.5年という長期保証付きです。

このキーボードはOEM品のようです。様々なブランドで、様々な金額で販売されています。安価なものは保証期間が短か目です。メーカー勤務の経験からすると、素材の原価そのものは全部一緒だと思います。金額の差は、品質保証の差と考えられます。つまり、きちんと検査を行い、きちんと保証をつけているものはどうしても高くなってしまう。

それでもこの金額です。

最初は、よくわからないメーカーの品物を選んでいた

このキーボードに決定する前は、カバーとキーボードが一体化した製品を候補にしていました。

そのひとつが、こちらの製品

iPad 9.7 キーボード ケース 脱着式 ワイヤレス Bluetoothキーボード カバー オートスリープ機能 スタンド機能 多角度調整 New iPad 9.7インチ対応 /iPad (2018/2017)/iPad Air2/iPad Air/iPad Pro 9.7 (タワー1)

https://www.amazon.co.jp/dp/B07QSB4V43/?coliid=I3NITLTITEYCLJ&colid=2RSM8JI1GWVPK&psc=1&ref_=lv_ov_lig_dp_it

で、この製品のレビューがこちら。

f:id:swingboys:20200215122323p:plain

レビュー数は少ないのですが、悪いレートがない。

これを見て、私はこう考えました。

「サクラがまぎれているかも知れないが、悪い点がないというのはすごいな」

レビューが何百もある製品だと、すべてがサクラとは考えにくいし、よい評価も多い反面、悪い評価も少なくないものです。

「評価が少なくても、サクラでないならそれなりによい製品かも知れない」

もちろん、Made in Chinaでしょう。ブランドがko u meとあり、いかにも日本ブランドのように見えますが・・・。

サクラチェッカーでは、サクラ度0

少々不自然なこのレビュー結果を見る限り、サクラ度はやや高いのではないかと感じました。そこで、話題のサクラチェッカーにかけてみました。

 

sakura-checker.jp

 

サクラチェッカーについては説明は不要と思います。Amazonで扱っている製品のURLを入力すると、そのレビューのサクラ度を数値で出してくれる優れサイトです。サクラチェッカーで検索すると、このサイトについての記事が数多くヒットし、その内容の多くがこのサイトに対する高い評価や称賛の記事やコメントです。

で、実際にこの製品をチェッカーにかけてみると、

 

f:id:swingboys:20200215123401p:plain

 

こんな結果になります。

サクラ度が0%

要するに、サクラは一人もいない、そのレビュー内容は、ホンモノということになります。喜び勇んで、この製品を「欲しいものリスト」にリストアップしました。

実際のレビューを真面目に読んでみた

私も、何度かAmazonレビューを書いたことがありますが、結構面倒くさいし、なかなかまとまった文章が書けるものではありません。長文レビューを書いている人たちの多くは、その道のプロなのではないのかと思える程文章が上手です。

そんな記事を期待して、改めてこの製品のレビューを読んでみたのですが、何かおかしい。

以下、いくつかの記事の一部を引用したいと思います。

  • Ipadシェルは母に買ってきたもので、母はとても気に入っています。花をつけて買ったものですが、お母さんは花が大好きで、もらった時は楽しかったです。
  • キーボードがついていますが、私はキーボードが個人的には必要なので外せませんが、重さは許容範囲です。またケースの絵は結構個性的なものですが、愛用です
  • 充電3〜4時間してから使用しますが、パソコンのようにiPadを使えてキーボードもあるので出先でも便利に使えます。
  • デザインもいいし、キーボードも性能いいです!
    キーボードはちなみに英語表記のみ。問題ない人には、特に気になりません。

他にも、違和感を覚える日本語が非常に多い。「〇年〇月〇日に日本でレビュー済み」とは書かれていますが、日本人がレビューしたのかどうかは不明です。もちろん、日本人のすべてが文章が上手というわけでもないし、レビュー記事ごときにそれ程高い精度の文章が必要というわけでもないでしょう。

ただ、私がレビュー記事を書く時は、その後購入される方にとって多少なり参考になればと思いながら駄文をしたためます。気楽に書かれる方も多いとは思いますが、私から見て不思議な日本語がここまで並ぶと、何かおかしいと感じてしまいます。

プログラムを騙すことは難しくないのでは

サクラチェッカーのアルゴリズムについては不明ですが、この製品のレビューについては、私の感覚では、かなり多くのサクラが紛れ込んでいると感じます。サクラチェッカーの批評をするつもりはありません。ただ、プログラムも人が作ったものであり、その方式によっては常に答えが正しいとは限らないと思うのです。

また、このキーボード製品をおとしめるつもりもありません。それなりに魅力を感じた製品でもあります。あくまでもレビューに対する個人的な違和感の問題です。

基本は自分自身でレビュー記事を読み、納得できるかどうかとは思いますが、プロが文章を書いている場合は、もうどうしようもないですね。そういう意味ではサクラチェッカーが出たときは、やったね、と思ったのですが、今回実際に使ってみて、過信は禁物かも知れない、と思った次第です。

Ankerキーボードのレビューは?

Ankerのキーボードについては、あまりにもレビュー数が多く、ヤラセが入り込んでいたとしても、かなり薄まってしまうだろうと感じました。私が購入した時点で、レビュー数は1260以上。全部読むは大変なので、直近の記事のいくつかと、ネガティブな記事のいくつかを読みました。

ネガティブ記事の多くは、キーが効かないとか、壊れたなどの、基本性能というよりは品質的な内容がほとんどでした。保証期間なら交換すればいいだけじゃない?

私が読んだ記事については、上記の製品レビューのような不思議な日本語は見当たらず、ネガティブな記事など、レビュワーの気持ち(悪意?)がダイレクトに伝わってくるような自然な日本語です。

反面、キータッチがよくないというようなキーボードにとっては基本中の基本性能についての不満が極めて少ない。これは買いだと思いました。

Ankerキーボード、実際に使ってみた

で、実際に使ってみての感想。筐体はやや安っぽいです。

f:id:swingboys:20200215131823j:plain

中央がわずかに浮いている

その理由のひとつは、筐体全体が弓なりで中央が浮いており、キーを打つたびにキーボード全体が多少ペコペコしてしまうことが挙げられます。

筐体のプラスチックの厚みが薄いのでしょうね。これは、価格を安くするためというよりも、極力軽くしたかったからではないでしょうか。

肝心のキータッチですが、この薄さにして、高いクリック感があります。クリック感が強すぎる、と感じる方もいるかも知れません。

Apple社のMagic Keyboardに見た目がそっくりです、タッチもそっくりとか。値段は5分の1のバッタモンかも知れませんが、日本製の廉価なキーボード、たとえばサンワやエレコムパンタグラフタイプのキー)に比べてもキータッチの品質感は同等以上と感じます。

これで日本語配列があれば最高だったかも知れませんが、MaciPadもUSキー配列が基本のようです。仮に日本語配列があったとして、キーと入力文字が一致しないなどのトラブルの発生が予想できます。それならUS配列のままの方がベターです。

今のMacではUS配列のFPUのメカキーボードを使っていますので、不便さはいっしょですね。日本語入力については、Winの日本語キーボードには到底かないません。

f:id:swingboys:20200215140838j:plain

上がFPUのメカニカルキーボード

ノートパソコン不要かも

キーボードがあることで、iPadが別物になったような気がします。100%ノートパソコンの代用になるわけではありませんが、以前に比べると、データの互換性などはノートパソコンに近くなってきたと感じます。

特にOffice系のソフトは、9.7インチのiPadならアプリは無料です。クラウド上でデータを共有すれば、パソコンとiPadで交互に作業できます。PCでは、Office2010を使っていますが、Wordのデータはdocx形式で落としています。このWordオリジナルデータのままで、何の問題もなくスムーズにデータ共有ができています。

以前はひどいものでしたから。たとえばWordなど、わざわざデータをtxtかrtfに落としてデータをやり取りしていました。それでもOSやハードの違いによる不整合の発生は日常茶飯事だったと記憶しています。

さて、残る問題は、仕事の品質、でしょうか。

f:id:swingboys:20200215145859j:plain

それが一番の問題だって・・・今気づいた?

【 写真 】

toyaさんによる写真ACからの写真