Old Boy の創作日記

音楽、イラスト、文章に関する創作日記と独り言。

イラストに挑戦(136日、856H)・・・顔以外のトーンは割に大雑把

f:id:swingboys:20200913100527j:plain

新しいペンタブが来た

新らたなペンタブが来ました。今まで使っていたタブレットとセンサー部分はほぼ同等サイズ(A4横程度)です。同じWACOM製品だからか、ドライバーをそのままにハードを入れ替えただけで、問題なく動きました。

それにしてもでかいです。縦横だけでなく高さも高く、今まで使っていた低グレードの方が、はるかにコンパクト性が高いです。

またタッチセンサーは指に反応しません。タッチ操作ができると、いわゆる液タブやスマホと同じ操作ができますから、それはそれで便利かも知れません。ただ予想外のカーソルの移動などがあり、私にとってはタッチ操作がない方が使い勝手がいいです。ペンを使っているときはペンに集中するため、予想外のカーソルの移動はかえって邪魔と感じます。

なんだかんだ言って、全般的に性能は高いような気がします。まだ使いこなせていないので、今のところ何とも言えませんが。

f:id:swingboys:20200913101751j:plain

新たなペンタブ(左)と今まで使っていたペンタブ(右)

ペンタブがよくなったからと言って、いきなり絵が変化するわけではないでしょうが、多少リッチな気持ちになっています。センサー面のシートが自分で交換できるのがいいですね。ちょっと安心です。

中古なので前に使っていた人がいるわけです。三年ほど使っていたが、使用頻度は高くない、と説明していたと思います。私から見ると、使った形跡はほとんどありません。

果たして初代がイラスト用に用意したものかどうかはわかりません。設計用のCADなどにも使えますし、3Dモデリングなどでも重宝することでしょう。何に使っていて、どうして使わなくなったか? そうしたプライベートなことは一切わかりませんが、ほとんど新品なので、かなり長く使えそうです。ペンタブの寿命と競争してもしょうがないのですが、せめてペンタブの寿命程度はこのまま続けたいですね。

顔以外のコントラストはかなり強い

改めてプロの絵を眺めてみて、自分の絵との差をじっくり観察しました。

今まで見ていたゆ~げんさんの絵はかなりアナログ的と感じていましたが、自分の絵と並べてみると、私の絵の方がアナログ的(雑とも言える)です。

また、コントラスト(トーン)をかなり似せたつもりだったのですが、全体の印象が結構異なるため、その原因を考えました。

顔や肌については、コントラストはほぼ一致しています。衣類や髪などの色物のコントラストにずいぶん差があるように感じられました。

プロの方は、わざとなのか黒い(あるいはかなり黒っぽい)素材を絵の一部に配置しています。キャラだったら服装全体が黒い場合もあれば、ワンポイント(例えばリボンだったり、クツだったり、着衣の模様の一部だったり)の場合もあります。黒っぽい部分を入れることで、限りなくクロに近いトーンを自然に使うことができ、トーン的にバランスがよくなるのかな、と適当に解釈しています。

色が濃くなるほどコントラストの幅は大きくなります。言い方を変えると、トーンが大雑把になります。(絵が雑というわけではありません)

直近の三作品については、顔や肌に微妙なコントラストをつけたため、それに合わせて全体的にコントラスト幅を狭めに描いてきました。そのせいか、全体的にぼんやりした印象です。

今回は顔、肌以外の部分については、できるだけコントラストを強めにしてみました。

同じ処理を前々回の絵にも施してみました。

f:id:swingboys:20200913105916j:plain

最初のトーン

f:id:swingboys:20200913105940j:plain

トーン変更後

ぐっと立体感が増したような気がします。

反面、コントラストを強めにすると、アラが見えてきます。見えにくかった影が強めに出てくるので、当然そうなります。修正しつつ調整しなくてはならないのでしょう。

数点描いたらPixivに

今の絵の感じで5点ほど描いたらPixivに載せようかと思っています。ペンネームは電子書籍の時に考えました。ロジ・エイジですね。性のロジは「露地」で、名のエイジはカタカナのまま「エイジ」にしようと思います。

これ、アナグラムです。

ロジエイジ → エロジジイ

名に恥じない絵が描ければいいなと思います。いや、そもそもその名前が恥ずかしいんだってば。

水中少女

次のお題は水中少女にしました。以前からこのテーマで描きたかったのですが、スキル的にためらっていました。もちろん、水中なんて描いたことがありません。水中っぽく描けるかどうかは何とも言えないですね。

東京事変のCDに「深夜枠」というのがあり、そのカバーイラストが、水中をおよぐ女性です。あの絵を始めて見た当時は、ちょっとショックでした。エロくて。

当時はこのキャラがものすごく可愛らしいと感じていたのですが、今改めてこのイラストを見ると、特別カワイイとは感じません。様々なカワイイキャラが登場してきたことで、特別感がなくなってしまったんですね。

あきさんというイラストレーターの方の絵です。以下のリンクは絵の宣伝ページ。

9aki.jugem.jp

水中、少女キャラ、エロい。描く前に想像しすぎなんですよね。

 

f:id:swingboys:20200913182052j:plain

以前描いたサムネなども参照しながら何点かスケッチしてみました。

背中を見せているポーズが好きですね。これだったら乳首やヘアを描かなくていいのでヌードでもいけます。

浅瀬に寝そべるポーズも好きです。顔半分が水に浸かり、半分は出ているというシュールさがいい感じです。これは水着だと全然雰囲気出ませんよね。イラストというよりも絵画っぽい。絵画だと乳首とヘアを描いても許されるのですが、イラストは恐らくクレームが入ります。乳首もヘアもカワイイと思うんですけどね。

このところコミックにはまっている

Kindle unlimitedを開始して、三か月目に入りました。今月から月謝980円を払っています。

ベストセラー本が読めるわけではありません。誰でも知っているベストセラー本を無制限で読ませてしまったら、Amazonも出版社も大変でしょう。

それでは面白い本てほとんどないんじゃない? と思われるかも知れません。私も最初はそう思っていました。確かに売れ筋の本はこのプログラムのラインナップにはありません。ですが、ベストセラーまではいかずとも面白い本は結構あるのです。それにベストセラーだからと言って必ずしも面白いとは限りません。少なからず好みというものはあります。

個人的にはミステリー物が大好きです。警察、医療、推理、ちょっとオカルトっぽいのも全然OKです。

この手のストーリー物はかなりあります。小説はもちろん、手軽に読めるコミックも多く、一つ発見すると、おすすめ本として次々に紹介してきます。

はまります。確か二か月で150冊ほど読みました。その後記録するのも面倒で、ひたすら読み続けています。

コミックを読んで思うのは、必ずしもすべての漫画家のデッサンがすごいわけでもなく、キャラがすごいわけでもありません。作画がとんでもなくすごい漫画家ももちろんたくさんいらっしゃいます。でも、コミックの面白さは絵の上手下手だけじゃない。ストーリーが面白ければ読んでいるうちにキャラが好きになってきます。造形だけではなく、そのキャラの性格や思いが好きになるんですね。

一枚絵しか描けない者にとっては、なんとも複雑な気持ちです。ずるいな、と思います。一枚絵のキャラにも性格や思いはあるはずですが、何ページにも渡って登場人物の言動が語られるストーリーにかなうはずがありません。コミックの中のキャラは、ストーリーの中で活き活きと生き抜き、読み手に大きな感動を与えてくれます。

ずるいと思うものの、ストーリーが作れないとダメなんですけどね。ほんと、漫画家がうらやましい。