Old Boy のイラスト日記

イラストを中心とした創作日記

イラストに挑戦(996H)・・・ストックイラストを意識しながら絵を描く

f:id:swingboys:20210110155626p:plain

前回の記事では、今年の年賀ということで「赤べこ」だけの絵を掲載しました。その後、年賀状やfacebookに掲載するイラストとして、この絵を描きました。

作画時間は2時間ほどで、どちらかというと撮影時間の方が長かったような。

赤べことそれ以外とのパース合わせ

年賀状に赤べこ一匹だけではさすがにちょっと寂しいなと思い、お神酒の小瓶とおちょこを付け加えました。

赤べこの絵は、PhotoACに掲載されていた写真をイラスト化したもので、元が他人が撮影した写真ですので、そのパースを変えることはできません。なので、小瓶とおちょこは赤べこのパースに合わせて配置することになります。

そこでパースを合わせるために、次のように撮影しました。まず、赤べこをプリントアウトし等身大パネルを作りました。そして、他の小物といっしょに並べて、カメラ越しに自然に見える形にレイアウトしてみました。

f:id:swingboys:20210110160609j:plain

Canon EOS 20Dの画

久々一眼レフのEOS20Dを取り出し、いそいそと撮影。ライブビューなら便利なのに、などと思いながら試し撮りをして、さっそくPCで確認しようとUSBを接続してみたものの、PCはカメラを全く認識しません。

そう言えばユティリティが必要だったなと思い、ユティリティをインストールしようとするもうまくインストールできません。

で、Canonのサイトを確認してその原因が初めてわかりました。

「64ビットに対応したユティリティはありません」

ときたもんだ。

今現在のMyPCはWin10です。Win7の32ビットでは何ら問題なく接続できていたのですから、エミュレータモードで動かす、ということは無理なんでしょうか? 素人には理解しがたい世界です。(開発したくないだけ?)

止む無くメディア(コンパクトフラッシュ)を読み込もうとリーダーを探すも、どこをどう探しても見当りません。そういえば、前回リーダーを使ったのっていつだったっけ。その記憶すら薄れています。

結局古いPCを立ち上げてどうにかこうにか読み込めました。

コンデジでも撮影してみる

f:id:swingboys:20210110161607j:plain

IXYの画

結局コンデジでも撮影することにしました。こちらはIXYの画です。

f:id:swingboys:20210110161912j:plain

iPad Airの画

コンデジで撮影するなら、大きなディスプレイで確認しながら撮れるiPadでいいんじゃね、と考え、iPadでも撮影してみました。iPadの画は、基本的にコンデジの画とおんなじです。(撮影した日時が異なるので、明るさや光の向きは異なりますが)

コンデジiPadも(小さめの)画を見る分にはきれいなものです。しかし、PCのディスプレイいっぱいに拡大すると、やはりコンデジの画はペラペラに見えます。被写界深度のせいなのか、画素のサイズのせいなのか、レンズのサイズのせいなのか、理由はよくわかりません。

それはそれとして、今回は少し真面目に撮影してみようと思いました。理由としては、写真を元に描いた絵はストックイラストに、同時に元の写真はストックフォトに掲載できるだろう、と考えたからです。

ストックイラストとストックフォトは同時に検討した方がいい

イラストの素材としていつもお世話になっているサイトにPhotoAC、イラストACがあります。これらサイトでは、ダウンロードユーザーは基本フリーなのですが、カメラマンやイラストレーターには、ダウンロード回数に応じて小銭が支払われます。

ダウンロードの際にダウンロードユーザーは嫌というほど広告を見せられたり、アンケートをさせられたり、もはや女王様に使えるしもべのような扱いを受けます。女王様が美女なら文句はありませんが。お金を払えば広告はなくなります。

この広告料がサイトの収益で、その利益がイラストレーターやカメラマンに分配されるというしくみです。

イラストの場合、1ダウンロード当たり現在4円です。

たったの4円か、と思うかも知れませんが、私から見るとかなり高額に感じられます。

ダウンロード数は、各作家の作品ごとに数が表示されていますので、誰がどれくらいの収益を上げているかは集計すればわかってしまいます。

そうしたデータを確認することで、人気(需要)のあるイラストのクオリティやジャンル、表現方法がわかりますし、逆にあまり掲載されていないタイプのイラストもわかるわけです。

今回は年賀用のイラストを水彩で描きましたが、水彩画はパッと見あまり多くはありません。確かに需要も少ないかも知れません。季節の挨拶や、本の挿絵には向いていると思いますが、例えば工場内や事務所内の安全ポスターや、事務連絡のチラシには使いにくいと思います。その手の事務的な書類にはやはりAdobeillustratorで描いたような一定幅の線にプレーンな配色のデジタルなイラストの方がマッチしているでしょう。

アップするイラストの加工に使えるのは基本自分の写真だけ

イラストを描く際には写真を参照することが少なくありません。今回の絵には自分で撮影した写真と、ダウンロードした写真を組み合わせて用いました。

写真をイラスト化する場合、まずレンズによる歪みを修正します。次に外形をなぞって外形線とし、最後に彩色します。デッサンについてはほぼデッドコピーと言えます。

ダウンロードした写真は、個人的な目的であれば加工も印刷も自由です。ですが、その写真素材をそのまま、あるいは、加工したもの(イラストも)を素材として販売することはできません。当たり前ですね。

なので、自分で描いたイラストをストックイラストとしてアップするには、絵の元にした写真は自分で撮影したものか、ちゃんとお断りして許可を得た写真しか使えません。簡単なものなら、いっそ自分で撮影した方が早いですよね。でも、イラストのためだけに撮影するのはちょっともったいないなと思いました。せっかくなら、写真の方もストックしてはどうかと思うのです。

露地エイジのfacebookページ

ここのブログは、極力イラストや動画のトピックを中心にまとめようと考えています。ですが、全然別の話題で書きたくなることがしばしばあります。24時間イラストのことばかり考えているわけではありませんからね。できればそうしたいのですが、許されません。たぶん。

そんなどうでもいい、つぶやきめいた内容でつらつらへらへらと書ける場所として、facebookページを作りました。

個人のfacebookがあることはあるのですが、実際のところほとんどアップしていません。年に一回、新年の挨拶ぐらいでしょうか。

でも、久しぶりにサイトを覗いてみて、サイトのデザインがずいぶんと変わっていることにおどろきました。前(一年前)よりもかなりすっきりしています。

以前は、今誰がオンラインで、チャットができるとかできないとか、いちいち表示されてましたが、それも目立たなくなりました。誰かがオンラインで見ていると思うと、ちょっと落ち着きません。自意識過剰と言われるかも知れませんが。

個人ページに加えて複数の別ページ(主にビジネスページ)を作ることができますので、ペンネームの露地エイジでひとつ作ってみました。

https://www.facebook.com/Eiji.Roji/

たぶん、このリンクで見れると思うのですが。見れなかったらごめんなさい。リンク先の書き出し方が実はよくわかっておらず・・・。

また、同時にTwitterも始めようかと思ったのですが止めました。昨年末にfacebooktwitterの連携が切れ、同時入稿ができなくなったことも理由のひとつではあります。

ただ、連携は切れたものの、SNS管理ツールを使えば、同時に複数のSNSへの書き込みやレスポンスの管理はできるようです。

qeee.jp

これらのツールは、主に企業のマーケティングサポートツールとして販売されているためか、本格的なものはかなり高額です。

しかし、中には機能を絞ったフリープランもあり、個人でも使用可能です。

SNSの種類が増え、多様化すれば、今後はこの手のツールが増え、プライベート用の簡易的なツールも提供されていくのでしょう。

こうした便利ツールがあることはわかりました。ただ、今回facebookページを作った目的は単なるうっぷんばらしのようなものです。これが本格的なビジネスで、何が何でも宣伝したいというなら話は別ですが、そんな気は全くなく、手間が増えるだけなので、今回はTwitterは止めることにしました。

ビジネスサイトはとりあえずWixで構築

昨年末で個人事業化したビジネスサイトの引っ越しをいたしました。

ビジネスサイトというと聞こえはいいのですが、結局赤字で終わった事業の後処理のための捨てサイトに過ぎません。

レンタルサーバー上に構築していたWEBと「はてなブログ」に設けていたビジネスブログを合体させて一つのサイトにするためでもあります。

最初はTumblrを使おうかどうか迷っていました。はてなブログとの連携ができるようなので、はてなブログをそのままに、並行してTumblrを運用すればいいな、と考えていたのです。

ところが、実際Tumblrを立ち上げていろいろいじってみると自分には全く太刀打ちできないことがわかりました。CSSをダイレクトに書き換えないと、なかなか思うようなレイアウトになってくれません。私にとってCSSは全く未知です。

捨てサイトごときに今更CSSの勉強かなあ、と思い他のサービスを探しました。

Webnode、Jimdo、Wixと順に調べてみたものの、はっきり言って実感がわきません。結局やってみないとわかんねえな、と思いWixにトライ。ところが、思った以上に簡単であり、直感的であり、便利なツールです。人気があるのもわかりますね。

HTMLが複雑で高度になるほどに、こうしたツールが助け舟のように出てくるわけです。ビジネスネタは尽きませんね。

とりあえず使ってみたWixですが、何となく感覚がつかめたところで、他のツールも改めて眺め直してみようと思います。例えば日本製のAmeba Ownd。こちらも使いやすそうです。残念なのはAmeba Owndで作ったサイトにブログを設置しても、本家のAmeba Blogと全く連携しないところでしょうか。Ameba Blogという巨大ブログサイト内に設置されれば少なからずSNS感が得られるでしょうからね。

露地エイジのfacebookページを作ったのも、結局のところ、誰かとつながりたいという気持ちからかも知れません。