Old Boy のイラスト日記

イラストを中心とした創作日記

イラストに挑戦・・・もう少しマメに記事を書けないか

f:id:swingboys:20210114100348j:plain

露地エイジのfacebookページを作ってみたという話はどこかでしたと思います。一年ぶりにfacebookに投稿し、一年前のfacebookとはデザインが大きく変わっていたことに驚いたということも書きました。

facebookの機能のひとつとして、「今の気分を投稿してみよう」というのがあります。

その時の気分に合った背景画像と、一言メッセージが書けるというカードっぽい演出で投稿できるしくみです。

このしくみはちょっといいなと思いました。もちろん、ブログにはこんなしくみはありませんので、もう少しマメに投稿したいなら自分なりに工夫するしかありません。

久しぶりに使ってみたfacebookもまんざらじゃないなと思いました。facebookもいつまで存在するかわかりませんので、今のうちに使っておこうかと思います。

電子書籍カバーイラスト途中経過

電子書籍カバーイラストの途中経過です。線画+背景写真+ダミータイトルです。

背景にはレストラン内の写真を入れてみました。プロの方が撮られたかなりいい写真です。この写真を置いたことで書籍カバーらしさが増したように思います。また、思ったよりも大人っぽい表現に感じられます。

それはそれとして、線画のキャラたちが可愛らしくて、もうこれでいいんじゃないのって思ったりしています。

実際はそうはいきませんが・・・。

タイトルや著者名はダミーです。

背景の写真は最初PhotoACを探しました。絶対いい写真があると思っていたのですが、いくら探してもいいものが見つかりません。無料でダウンロードしていながら言うことではないのかも知れませんが、やはり素人っぽい写真が多いのです。

次いで「ぱくたそ」を見てみました。あまり期待はしていなかったのですが、PhotoACとは一線を画すプロっぽい写真がいくつも出てきました。

たまたまなのかも知れませんが、PhotoACのレストラン内の写真には、このような広角で撮った写真がほとんどなかったのです。この絵のパースに合った写真は「ぱくたそ」にしかありませんでした。

フリー素材のありがたさ

背景写真に加えて、フォントについてもよさげなものを探してみました。こちらもフリーで提供されているフォントで、なんとも言えない手書き感があります。

いつも思うのですが、フリーフォントを提供している人たちって、一体どういう感覚で制作されているのかなって思います。

無償奉仕が割に合わないような、かなり大変な作業であることは想像できます。

そして、一枚の絵(カバーイラスト)は、こうした無償(ダウンロードページでの広告収入というものはあるのかも知れませんが)のクリエーターらに支えられて仕上がっているのが実情です。

ありがたいというか、もう、身の引き締まる思いですね。

半分以上、他の方の仕事の成果で成り立っているようなものです。とてもとても「私の作品」なんて言えるものではありません。

********************************

いつもよりちょっと短めの記事です。この程度(1000字くらい)であればもう少しマメに書けそうです。