Old Boy のマンガ日記

四コマ漫画で語る創作日記

イラストに挑戦(1135H)・・・イラストメイキングプロセス検証

f:id:swingboys:20210425204256j:plain

ゲームイラストの仕事は意外とある

先週は、ランサーズとクラウドワークスにて、それぞれひとつずつ仕事をさせていただきました。

それぞれで、一時間ずつ仕事を探して、面白そうなもの、すぐにできそうなものをピックアップし、ピックアップした中からひとつずつ選びました。

ところで、応募はしませんでしたが、ランサーズでゲームメーカー(あるいはゲーム制作者)によるイラストレーター募集がありました。

内容はゲーム画面の背景10点ほどで、対価は20万でした。描ける人にとってはどうってことはない内容です。

ただ、この金額は相場からするとお安いようです。

Youtube動画の漫画25枚描いても1万から5万程度です。ゲームイラストの方が密度が高いだろうことはわかりますが、この差は何でしょうね。きちんと購入してもらえる製品と、払ってもらえるかどうかよくわからない広告収入との違いですかね。

キャラのイメージ(表現の仕方)もしっかりと指定されておりました。今日日よく見かけるコミックキャラがサンプルとして添付されていました。この手のイラストを描いている人にとっては嬉しい仕事でしょうね。

キャラデザインは別の方がやられるようですが、背景にはキャラも含まれます。ゲームのことはよくわかりませんが、手前で動くキャラと、背景(+背景の中の動かないキャラ)が組み合わされているようです。

いずれにしても、何でも描けるのが前提のようです。

発注する側にとっては、そんなの当たり前ですよね。

このプロジェクト以外にも、ゲームイラストの仕事がいくつか掲載されていました。ゲームイラストの仕事って意外とあるものです。

 

まだまだ修行が足りません

ゲームイラストは魅力的なプロジェクトではあるものの、さすがに今請け負うのは無理そうです。

特に納期が短い。来週から一日単位で作業が進んでいきます。

まだまだ修行が足らず、全く自信がありません。

これをきっかけに、コミックを少し描いてみようと思いました。コミックの方がゲームイラストよりも多彩です。コミックで修業を積んで、ゲームイラストにいつか挑戦したいと思います。コミックは、ブログに順次載せたいと思います。

ある程度まとまった暁には、アマゾンのコミック無料掲載システムで無料掲載し読んだ方から評価をもらおうかと思います。もちろん、読んでもらえたらですけれど。

 

f:id:swingboys:20210425210022j:plain

放置されていた縦罫ノートを使い、コミックのラフを描いてみました。

 

イラストメイキングのプロセスに従ってラフ塗り

メイキング本の内容に沿って、以前描いた線画に塗りを入れてみました。とりあえず確認だけなので、塗りにかける時間を2時間と決め、ラフに仕上げました。

f:id:swingboys:20210425210430j:plain

プロセスと色が決まっていると、やはり早いですね。衣装の配色に結構悩みましたので、そこで時間をロスった気がします。細かな調整や仕上げは省略しているものの、書籍のプロセスに大間違いはなさそうです。他の線画どまりのいくつかの絵も、順次同じ感じでラフ塗りしたいと思いました。

メイキング本は今月中に発行したいと思います。